CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
決定版 手作りパン
決定版 手作りパン (JUGEMレビュー »)
石沢 清美
手順が細かく丁寧に説明してあるので、パン教室に通わずにパン作りを始めた私には先生のような本です。レシピも豊富。
RECOMMEND
加藤千恵のお菓子教室―全レッスン・基礎編
加藤千恵のお菓子教室―全レッスン・基礎編 (JUGEMレビュー »)
加藤 千恵
写真をたくさん使って手順が説明してあるのでとても分かりやすいです。味もとてもGOOD!!です
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ブログ 引越しするかも??
うちのジェイ君のかわいい写真をアップしたいのだけどジュゲムの調子が悪くアップできないのよね・・・。


ということで引越しをしようかと昨日書いた分だけ引越ししてみました。
もちろん、ジェイ君の写真もアップできてます。


http://blog2.fc2.com/tiki/


使い心地が良かったら全面的に引越ししてしまおうかと思ってます。
| Memo | 03:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
産まれました!!
12月9日(日本では10日)にやっと産まれました。旦那が出張がちなので何とか旦那が家に居る時にと思っていたら産まれてしまいました。


9日はいつもの検診の日でドクターの所に行き、内診をしてもらうとドクターが「オッ、オー」とつぶやき「陣痛は無かった?5センチ開いてるわ、すぐ病院に行って」と言われ即入院になってしまいました。旦那も一緒だったんだけどこれから始まることに興奮気味だったけど、私は突然来た妊娠生活の終わりに呆然としていました。


出産はもちろん無痛分娩にしてもらったんだけど、陣痛が痛くなかったので背中に麻酔をしてもらうのがとても怖かったです。長男の時も無痛分娩だったんだけど陣痛が痛くて背中の痛みなんて気にならなかったけど今回はそんなに痛くなかったけど背中に行われていることを想像して震えてしまいました。でも長男の時とは比べ物にならないくらいの麻酔の強さで、喉に痰がからまって咳をしたいのに腹筋にまで麻酔がかかっていて咳ができない状態でした。時折、陣痛の痛みをうっすら感じましたが、ナースに「ちょっと昼寝でもしたら」と電気が消され寝れるくらいだった。うつらうつらと寝ているとナースが来て内診をし「あら、もう9センチになってるわ」と電気をバチバチと付けられ起こされた。本当に「果報は寝て待て」状態だった。
旦那は上の子たちのお迎えで家に戻っていたし、ドクターも自分のオフィスに帰っていたし、まだ痰が取れなくてコホン、コホンと喉を鳴らしてる私にナースは「ドクターが間に合わないといけないので咳をしないで」と言われた。
ドクターも旦那も間に合って「いきみ」タイムになったのだけど麻酔が効いてて「いきみ」がうまくできなくて何回もトライした。やっとのことでいきむことができてスルスルッと赤ちゃんを産むことができた。夕方の4時33分で、ドクターに診てもらったのが11時過ぎで入院したのは12時半くらい、上の子たちと同じく4時間くらいでの出産でした。出産後に「いきみが大変だったわー、上の子たちの時はもっと簡単だったのに・・・」と言うとドクターに「何だかんだ言って15分くらいだったわよ」と言われ、あまりの早さに自分でもびっくりしてしまった。(自分では30分くらい踏ん張っていた気分だった)


赤ちゃんは小さめで5ポンド11オンス(2560グラム)でしたが保育器に入ることも無く、私と一緒に出産後48時間で退院して来ました。
生まれて10日になるけど、2,3時間おきにミルクを欲しがり元気に育っています。


まっ、そんな感じでしばらくは親ばか日記になると思いますがよろしくお付き合いください。


では、第1弾の写真

| Maternity | 14:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
近況報告 マタニティ編
随分と更新をしていないので「産まれたの?鳥」メールを何人かの方から頂きましたが、まだ生まれてません・・・。
ただお腹の張りが頻繁にあり長い時間椅子に座ってられないのと浮腫みが出てしまうのでなかなか更新することができませんでした。


更新していない間に、お友達に「Baby Shower」をして貰いました。男の子だったので特に何も欲しい物が無かったので、皆でRitz Carlton Hotelのサンディブランチに行き、おいしい物をたくさん食べてきた。妊娠してるけど少しくらいいいかって言うことでシャンパンを飲み、キャビアやイクラをつまみ、なかなかアメリカでは食べられないおいしいパンや、ちょっと凝ったポークやバイソン、魚料理などとにかく目に付いた物は全て食べた。思い出すのが嫌なくらいおいしかった。(行きたくて行きたくてたまらなくなるから・・)その後はミレニアモールに行き、ポッテリーバーン キッズでオムツなどを整理するバスケットを買った。(これ
とても楽しい1日を過ごした。でもおいしい食事にゆっくりと買い物・・・またしばらくはできなくなるかと思うとちょっと淋しい気がする。


あと、足や手の浮腫みがひどくてつらかったし、自分で足のほうは切れなくなっていたので、ネイルサロンに行った。ちょっとしたマッサージをしてくれてとっても気持ちがよく、毎日通いたいくらいだった。出産前にもう1度行こうと思う。でも帝王切開になって麻酔をかけることになったら、マニキュアは落とさなくてはいけないのかな???


毎日家でソファーで寝てることが多いのだけれど、先週の土曜日はカブスカウトで公園に行ったり、新しくオープンしたモールに行ったりとアクティブな1日を過ごしました。それがいけなかったのか、その晩、ソファーで横になってテレビを見てると顔を歪めたくなるくらいの痛みが1時間に何回もあるようになった。ベッドに移動しても何回もあり寝れないくらいで、「やばいかな・・・」と思って時間をチェックしてみると10分おきくらいになった。病院に行った方がいいかなと思ったのだけれど、もう夜中の1時近かったし、旦那は酔っ払って寝てるしビール、熟睡中の子供二人を起こして病院に行くのは大変だな・・・と思ってもう少しを様子を見ることにした。結局、何だかんだと心配しているうちに痛みも弱くなり眠ることができた。
日曜日は1日中、横になって過ごし、金曜日に予約が入っているが今日(月曜日)の朝1番でドクターに診て貰おうとクリニックに電話した。しかし、ドクターは今日は手術が1日入っていて、明日は予約がいっぱいで、出血がなく胎動を感じているのなら大丈夫と言うことで金曜日まで自宅で安静にしているようにと言われた。
はー、診てもらいたい時に診てもらえないなんて、やっぱりアメリカの医療システムは嫌いだ!!金曜日まで不安な日々が続くと思うとちょっと鬱・・・。


まっ、こんな感じでした。
| Maternity | 12:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
Yoshidaソース
昨日から「Yoshidaソース」で検索してこのブログに来ている方がとても多いんですが、何かあったのですか?
気になるので教えてください・・・。


っということで、今日の夕飯は「Yoshida丼」にしました。
おいしかったー!!豚
| Memo | 12:23 | comments(1) | trackbacks(1) |
検診&超音波検診 32週(9ヶ月)
今日は定期健診に行って来た。
昨日も少し出血があったことを伝えると、内診をしてくれた。出血はないようだったし、子宮口も開いていないようだった。「じゃあ、生まれるのはまだまだ先ですね」と聞くと「それはわからない」と言われた。
検診はいつもの感じで終わったが、おとつい行った病院で念のために超音波検査をしてもらうことになった。


超音波検査は5ヶ月の時にしてもらったきりなのでちょっとわくわくした。異常の有無を確認しなくてはいけなかったので30分くらいかけて赤ちゃんのいろんな部分の大きさを測定していた。
時々、先生(技師?)が「まっ、かわいい足」とか「かわいい」とつぶやくのだけど、私にはいったい何が何だかさっぱりわからなくて何がかわいいのかよくわからなかった。でも、顔の部分を3Dで見せてくれ、顔の上で手をかざしているのがよくわかり、顔もよく見えて、9ヶ月になってやっと人間の赤ちゃんがいるんだと実感ができ愛しく思えることができた。正直言ってお腹の中の子に対して「私の赤ちゃん、ベィビー」と今までは思うことはなかった。胎動も痛いと感じることの方が多いので「イタタタ・・・・」とおもうばかりで「かわいい」なんて思ったことはなかった。
顔や足の写真をもらった。


もう1度性別を確認してもらおうと思ったが、足をぴったり閉じててなかなか見えないようだった。でも、お腹をぐいぐい押されて「今、ちらっと見えたけど男の子みたいね」とダメ押しされた。しばらくお腹をぐりぐりしていて「証拠写真を撮ってあげたいんだけど・・・」と言われたので「上も男の
子二人なので、こだわらないので写真はいいです」と断った。サービス精神旺盛な技師で「かわいい顔の写真を撮ってあげたい」と言ってぐりぐりしてくれたけど、手を顔からどけなくてきれいな顔の写真を撮ることはできなかった。


今日の超音波の検査の時は赤ちゃんは逆子状態だった。出産時に逆子だとアメリカでは高確率で帝王切開になるらしい。早速、逆子体操をしてみたけど戻ったのかどうかわからないし、ネットで調べているとあるページでは「医者の指示がない限り逆子体操はしてはだめ」と書いてあったので、次の検診までおとなしくしていることにした。
はー、でも帝王切開もこわいなー。
| Maternity | 15:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
ちょっと出血で病院へ行く 32週(9ヶ月)
昨日、ほんのちょっとの出血があり、今日も午前中同じように少し出血があった。量もほんの少しだし色も鮮血ではないので、木曜日の定期健診の日まで様子を見ようと思っていたが、子供達を迎えに行く前に用をたしていこうとトイレに行くとトイレットペーパーに結構な量の血が付いた。「これはお印?それとも前置胎盤のせい?」と心配になりドクターに電話すると「病院へ行って」と指示が出た。徹夜のフライトで朝マイアミから帰ってきて寝ている旦那を起こして病院に行った。


出産する病院には初めて行ったのだけど、ロビーは吹き抜けになっていてクラシックの生演奏があってホテルのような雰囲気だった。


手続きをして産婦人科に行った。ガウンに着替えさせられモニターを付けさせられた。ドクターを待っている間、旦那は「カーーシートをどうしよう」とか「ベィビーの服の洗濯はしたほうがいいか?」と聞いてきて、今日にでも生まれるんじゃないかと心配していた。私自身は、お腹の張りは感じられるけどすぐに生まれるという気はしなかった。


2時間くらい待ってやっとドクターに診てもらえた。内診してもらい手袋の先に血の塊が付いて「この血が出たの?」と聞くので「そうだ」と答えると「これは古い血で何でもない」と言われた。結局「膀胱炎」という診断をもらって抗生物質と「クランベリージュースを飲め」という指示をもらって帰された。モニターの結果も「お腹の張りも無し」となって、安心するべきなのかもしれないけど、イソップ物語の「オオカミ少年」のような気分になってしまい、今後、出血や痛みがあっても言いにくいなーと思ってしまった。


何も異常なしと言われても、ちろっと出血はあったし顔をしかめるくらいのお腹の張りは何度もあるのに・・・となんか不に落ちない。
日本だったら「異常はありませんよ、でも、安静にしててください」とくらいは言ってくれて納得できるのに・・・とちょっと寂しくなった。


あーあ、膀胱炎とはおもえないんだけどな・・・。
まっ、でもまだ生まれてくるのには早すぎるので何もなくて良かったんだけどね・・・。
| Maternity | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
パンプキンパイ
パンプキンの缶に書いてあるレシピどおりに作った。
長男が小さい時からパンプキンパイが好きなので季節にこだわらず作るんだけど、いつもこのレシピ。違うレシピを作ってみたいと思いつつ簡単で味も満足しているのでこれです。
パイはもちろん冷凍ものです。


オーブンのラックの位置が高かったのかな?
ちょっと表面が焦げてしまった。


| Bread & Sweets | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
Happy Halloween
今年のハロウィーンもいつものお友達家族を呼んで家でやった。
妊娠前はよくお友達を家に呼んでいたのだけど妊娠してからはやっぱり疲れやすくてその気にならなかったので久しぶりに人を家に呼んだような気がする。


いろいろ作ろうと思って材料は買っていたのだけどやる気が起きないし、旦那がバーベキューをすると言って張り切っていたので任せることにした。なんか「YAKITORIをする」と張り切ってチキンを竹串に刺したりしていたけど、私はあんまりバーキューは好きじゃないし、子供達も食べないだろうからピザでも作ろうと思い生地を作り出した。しかし、材料の分量を間違えたようでベタベタな生地が出来上がってしまい、無理やり伸ばして焼いてみたが上手くできなかったのでピザはあきらめて、子供達には冷凍のチキンナゲットをオーブンで温めて出した。
結局、食べ物はそのチキンナゲットと旦那のバーベキューチキンと訳わからんYAKITORI、ソーセージ、友達が持ってきてくれたいなり寿司に浅漬けの素で30分で作ったきゅうりの浅漬け、昨日の晩に作ったパンプキンパイにこうもりやカボチャ、おばけの型のJelloとなんかいまいちのメニューになってしまった。
でも旦那のバーベキューは好評だったし、子供達はTirick or treatが楽しみで食事どころじゃなかったので良かったんだけどね・・・。


ちょっと暗くなりだす6時前から子供達は男性陣と近所を回りに行った。女性陣は家にいたんだけど、お菓子を貰いに来る子供達がとても少なかったような気がした。10組もいなかったような気がする。
うちの子供達も1時間もしないうちにバケツをいっぱいにして帰ってきた。
今年もスニッカーズやM&M、キットカット、ロリーポップなどのちゃんとしたお菓子が多かった。基地内や子供が多い住宅街(義姉家族が以前住んでいた所)を回った時はハロウィン用のお徳用パックのあまり馴染みのないまずそうなお菓子が多かったのだけど、ここの住宅街は子供もそんなに回ってこないので余っても自分が食べれるように普通のお菓子を用意している家庭が多いようだ。
家も余ってもいいようにロリーポップとスニッカーズとハロウィンぽく目玉の包みに入ったチョコレートを用意していた。人気があったのは目玉でほとんどの子供達が「目玉を頂戴」と要求した。


日曜で明日は学校も仕事があるのでTrick or Treatが終わるとすぐに友達家族も帰っていき、私も8時からの「新撰組」を落ち着いて見るつもりだったが、8時過ぎてからの方が最後の追い込みで子供達が来て、何度もお菓子を渡しにドアを開けなくてはいけなくて落ち着いて見れなかった。
今日は平助の最後だったのに・・・・。


来年のハロウィンはもう一人子供が増えてるのね・・・やっぱりハロウィンの仮装は幼稚園くらいの年齢までが可愛い。既存の子供達(長男、次男)のコスチュームが面倒くさく思えてきたところだったので、また4,5年楽しみになるので良かった。ちなみに今年の子供達のコスチュームは次男が「スポンジボブ」長男がレゴのバイオニカルの赤いロボットだった。


 


我が家のJack-O'-Lantanは旦那がカービングするのが毎年の決まりです。もっと凝った物を作って欲しいんだけど毎年同じような顔をしています。「いつも同じ顔じゃない?」と言うと「じゃー、今年は怒った顔にしてみる」と言って上に釣り上がった眉を加えていました。来年は私のかぼちゃも買ってきて挑戦してみよう。
右 Trick or treatに出かける前の子供達。女の子は可愛くていいなぁ・・何なのかは男の子の世界しか知らない私にはわかりません。


 


左 帰ってくるなり玄関先でお菓子をぶち開ける次男。 右 お菓子を食べるのに夢中の長男。

| Memo | 13:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハロウィーンのカップケーキ
今日は子供達の空手クラスのハロウィーンパーティがあったのでカップケーキを作った。


魔女の指をイメージしたクッキーを焼いてカップケーキに刺したのだけど、思うように細くならず足の親指のようなものばかり出来上がった。結局削って細くした。
爪はアーモンドを使い、赤のフードカラーを塗った。


ケーキのアイシングの上には赤のフードカラーの液を垂らして血のようにしたかったんだけど、絵心がないのであまり雰囲気がでなかった。



| Bread & Sweets | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
初 カブスカウト
今日、サッカーの練習が終わった後、初めてのカブスカウトのミーティングに行ってきた。今日のはPack meetingとか言って団全体のミーティングだった。


今日は新しい子の入隊式みたいなのがあって、新しく入った親子は前に出て向かい合って並んで、親が子供に向かって「ちゃんとミーティングに連れて行き、あなたのスカウト活動の手助けをします」というようなことを誓った。
わたしは何か復唱するのが面倒だったし、なんか独特の世界がこっぱずかしくて照れてしまい、前に居た長男に「ママはよくわかんなくて約束できないからダディと誓ってね」と旦那に押し付け、ただ横で立ってただけだった。でも、写真をパシャ、パシャと取られて、他の親達はちゃんと誓いのポーズをしてるのに私だけぼーと立ってるのを写されたかと思うとなんかそっちのほうが恥ずかしいのかもしれない・・・。


途中でホットドッグとかの食事も出て、サッカーの練習で何も食べてなかった私達家族はすごい勢いで食べてしまった。バッフェ形式だったのだけど、妊婦でしかも「Eating for two(二人分食べています)」という妊婦Tシャツを着ているのをいいことに3回も並んでしまった。
 

途中で各隊の紹介があったんだけど、次男は食べながらも注意をしてて、自分の隊が呼ばれるとさっさと出て行ったが、長男は食べるのに夢中でこっちが教えてあげなくては行けなかった。


次男のタイガー隊はスタートの学年でもあるので新しい子ばかりで20人もいて、同じ学校の子が多くあちこちで次男の名前を呼ぶ声が聞こえた。長男のウルフ隊は7人で同じ学校の子はいないみたいだったが、サッカーのチームメイトがいた。


はー、でもなんか大変そうだ・・・ただ送り迎えするだけでいいかなーと思っていたけど、皆さん親子で参加してた。来月には2泊3日のキャンプがあって親子で参加するみたい・・・。サッカーのゲームがあるけど近くの公園でのキャンプなので土曜日の午前中だけ抜けてサッカーに行き参加することにした。旦那に「君も参加する?」と聞かれたけどもちろん断りました。でもその週末、旦那も子供もいなくて私ひとりになっちゃうんだけど・・・。なんか嬉しいような、寂しいような・・・。


子供達はこれから始まる新しいことに目を輝かせていた。子供達のいろんな興味や挑戦に付き合ってあげれるように私も頑張らなくてはっと思った。


でも日本語学校への復帰はどんどん薄くなりそうだ・・・。





こんな記念写真コーナーがありました。長男です。
次男の時は、私が食べるのに夢中で撮り損ねました。
| Kids | 12:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/14PAGES | >>