CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
決定版 手作りパン
決定版 手作りパン (JUGEMレビュー »)
石沢 清美
手順が細かく丁寧に説明してあるので、パン教室に通わずにパン作りを始めた私には先生のような本です。レシピも豊富。
RECOMMEND
加藤千恵のお菓子教室―全レッスン・基礎編
加藤千恵のお菓子教室―全レッスン・基礎編 (JUGEMレビュー »)
加藤 千恵
写真をたくさん使って手順が説明してあるのでとても分かりやすいです。味もとてもGOOD!!です
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
初 カブスカウト
今日、サッカーの練習が終わった後、初めてのカブスカウトのミーティングに行ってきた。今日のはPack meetingとか言って団全体のミーティングだった。


今日は新しい子の入隊式みたいなのがあって、新しく入った親子は前に出て向かい合って並んで、親が子供に向かって「ちゃんとミーティングに連れて行き、あなたのスカウト活動の手助けをします」というようなことを誓った。
わたしは何か復唱するのが面倒だったし、なんか独特の世界がこっぱずかしくて照れてしまい、前に居た長男に「ママはよくわかんなくて約束できないからダディと誓ってね」と旦那に押し付け、ただ横で立ってただけだった。でも、写真をパシャ、パシャと取られて、他の親達はちゃんと誓いのポーズをしてるのに私だけぼーと立ってるのを写されたかと思うとなんかそっちのほうが恥ずかしいのかもしれない・・・。


途中でホットドッグとかの食事も出て、サッカーの練習で何も食べてなかった私達家族はすごい勢いで食べてしまった。バッフェ形式だったのだけど、妊婦でしかも「Eating for two(二人分食べています)」という妊婦Tシャツを着ているのをいいことに3回も並んでしまった。
 

途中で各隊の紹介があったんだけど、次男は食べながらも注意をしてて、自分の隊が呼ばれるとさっさと出て行ったが、長男は食べるのに夢中でこっちが教えてあげなくては行けなかった。


次男のタイガー隊はスタートの学年でもあるので新しい子ばかりで20人もいて、同じ学校の子が多くあちこちで次男の名前を呼ぶ声が聞こえた。長男のウルフ隊は7人で同じ学校の子はいないみたいだったが、サッカーのチームメイトがいた。


はー、でもなんか大変そうだ・・・ただ送り迎えするだけでいいかなーと思っていたけど、皆さん親子で参加してた。来月には2泊3日のキャンプがあって親子で参加するみたい・・・。サッカーのゲームがあるけど近くの公園でのキャンプなので土曜日の午前中だけ抜けてサッカーに行き参加することにした。旦那に「君も参加する?」と聞かれたけどもちろん断りました。でもその週末、旦那も子供もいなくて私ひとりになっちゃうんだけど・・・。なんか嬉しいような、寂しいような・・・。


子供達はこれから始まる新しいことに目を輝かせていた。子供達のいろんな興味や挑戦に付き合ってあげれるように私も頑張らなくてはっと思った。


でも日本語学校への復帰はどんどん薄くなりそうだ・・・。





こんな記念写真コーナーがありました。長男です。
次男の時は、私が食べるのに夢中で撮り損ねました。
| Kids | 12:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
カブスカウトに入隊
昨日、子供達が学校からカブスカウト入隊のお誘いの手紙を貰ってきた。
次男は興奮気味にカブスカウトが何をするか私達に話してきて「入りたい!!」と訴えてきた。
旦那も私も子供の時にボーイスカウト、ガールスカウトをやっていたのでいつかはやらせようと思っていたが、これから赤ちゃんも生まれるので3月くらいまで待つようにと言った。
長男は聞き分けがあるので納得したが、次男は手足をバタバタさせて泣いて「マシュマロをキャンプファイヤーで焼いて食べたい!!」と叫んだ。旦那に「泣いてもダメ」と怒られると泣き止み、部屋の隅に行って体操座りをしてカブスカウト入隊の紙を見ながら、そこに載っている写真を指差し「ハイキング、フィッシング、ロッククライミング、カヌー・・・・」と活動内容を読み上げている。そんな次男の後姿を見ていると「やらせてあげたい・・」という気持ちになってしまい、今日の説明会だけでも行くことにした。


学校のカフェテリアで行われた説明会に行くと一緒の空手教室に行っている子達や次男のクラスメートが何人か来ていた。カブマスター(隊長?)も長男のクラスメートのお母さんで近所で長男の誕生パーティにも顔を出してくれた面識のある人だった。そんな感じなので私も安心して何とかやれそうな気がしたし、旦那がすごく乗り気で説明を聞きながら申し込み用紙に記入を始め、「できるだけボランティアをする」と積極的に申し出ていた。
子供達も活動の写真を見て質問をしたり、制服につけるバッジの説明をじーーと聞いていた。そんな様子を見て次男がマシュマロを食べたいだけでなくそのほかの活動にも興味があることがわかったので、ちょっと大変だけど入隊してみることにした。


説明会後、入隊の手続きを済ましてハンドブックの購入をした。学年によってハンドブックが違うらしく長男のウルフ(2年生のグループ)は在庫があったが、次男のタイガー(1年生のグループ)は入隊者が多かった為、次男は今日貰えなかった。次男はすごく残念そうだったけど金曜日までには手に入ると聞いてちょっと笑顔になっていた。


スケジュールは隔週木曜の夜7時から1時間くらいの集会に月1回のお泊りがあるようで、来月までは木曜にサッカーの練習も入っているからちょっと大変な気がするけど、旦那もここんとこ出張が無い予定なので、まっ、とりあえず何とかなりそうな気がする。


子供が小学校に上がると楽になると思っていたけど、学校から帰ってきてからが大変だ。うちがいろいろやりすぎなのかと思うけど空手教室の人たちを見ても同じ感じだ。毎日の宿題と習い事の送り迎え&ボランティア、夕飯の支度と・・・。子供が帰ってくる3時から子供が寝る9時ごろまで毎日バタバタとあっという間に過ぎてしまう。


ほんと、昼間、昼寝をしないと体力が持ちません・・。


 


左 次男が体操すわりで眺めていた案内のチラシ  右 長男 ウルフのハンドブック
 
| Kids | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
散髪
明日はPicture day(学校で写真を撮る日)なので子供達の髪の毛を切った。


二人とも短くが希望だったのでバリカンでザーーと短くした。
次男は上手くできたんだけど、長男は・・・冷や汗
バリカンの扱いに慣れてなくて、ちょっとまだら気味になってしまった。


次男はちょっと茶色がかった柔らかい髪なので地肌が見えてもそんなに目立たないようだけど、長男は黒くて硬い毛なので地肌が目立つ。


なんか私の父にそっくりになってしまった・・・悲しい


今度からはプロに任せよう・・。




長男の後姿   ごめんね・・
| Kids | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっと病気気味
昨日は長男が少し具合が悪かったが、今日は次男で、昼過ぎに学校から早退してきた。


多分、家がクーラーの効き過ぎなんだと思う。私が妊娠のせいなのかもしれないけど、暑くて暑くていつもより設定を低くしており、子供達も「寒い」と言っていたし、旦那でさえ「ちょっと寒くない?」と言うくらいだ。でも寒いのは何かを羽織ったり、ブランケットをかぶればどうにかなるけど、暑いのはどうしようもないので家族には我慢してもらっていた。


早退してきた次男に何か食べたい物はない?と聞くと「メディシャン(薬)が食べたい」と言うので、子供用の風邪薬を持っていくと「これじゃない、マミィがいつも食べている黒いゼリーみたいな物だ。」と言う。


虎やの羊羹のことだった。私はこしあん系の和菓子が大好きで子供達が小さい時から、お高いお店の羊羹や水羊羹を食べる時は「これはママのメディシャン」と言っていた。でもたくさん頂いた時などは子供達にも分けていたので味を知っていて、もちろん子供達も大好物だった。
で、今回の「虎やの羊羹」はこの間、日本から送ってもらった物で1本しか無かったので大切に大切に食べて、冷蔵庫にも子供達の目の届かない奥のほうに隠してあった。しかし2,3日前の夜中にこっそり食べていたら、ちょうどトイレに起きてきた次男に見られてしまっていたのだ。それを覚えていた次男は病気になった今日、正々堂々と要求してきたわけだ。
しょうがないので2切れあげました。「もっとー!」と言われたけど「これはメディシャンなのであまり食べてはいけないのよ」と言ってあげませんでした。だってもう5センチくらいしか残っていないんだもん・・・。


ちなみにママのメディシャンはこの他にユーハイムのバームクーヘンもアメリカに来てからは加わりました。


私もちょっと風邪っぽくなってきた。ちょっと熱いお風呂に入って、睡眠をたくさんとってひどくならないようにしなきゃ・・。
| Kids | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
補習校 運動会
今日は補習校の運動会だった。
 
今月からサッカーを始めたので休校しているが、運動会は午後からなので参加させてもらった。子供達はサッカーのユニフォームを皆に見せたかったようで上は二人とも白組だったので白のTシャツを着用したが下はサッカーパンツで参加した。


補習校が借りている教会の小さな体育館での運動会なので規模は小さいけど、去年のことを子供達は覚えていてとても楽しみにしていた。


競技はかけっこ、二人三脚、障害物競走、玉投げ、綱引きをした。二人三脚は次男のクラスは親とするので私はやる気でNikeのスニーカーを履いていったが、友達から「二人三脚は転ぶ危険があるからやめたほうがいい」と言われ、早歩き程度を考えていた私は転倒はやはりお腹の赤ちゃんに危険なので友達に代わってもらうことにした。次男とお友達の2人3脚は、やっぱり血が繋がっていないので息が合わず今にも転びそうだった。友達が次男に合わせてくれたので何とか転ばずにゴールできたけど・・・。
長男はクラスメートとの2人3脚で、他のチームは早くゴールしようとあせって足がバラバラになったりしていたが、長男チームは歩くようなかんじのペースで乱れることなくいい順位でゴールした。
2人3脚は見てるとおもしろい。特に親子チームは・・・。子供を引きずり気味な人や、持ち上げる人もいたりで・・・親子の関係が分かるようでおもしろかった。


綱引きは赤白対決の他に母親と父親の対決もあった。これは大盛り上がりだったのに私はもちろん応援席で見てただけで残念だった。人数的に母親の方がずーーと多かったのもあるけど母親チームの勝ちだった。


結果は補習校始まって以来の白組の勝ちで、息子達は大喜びだった。


 


次男は手を伸ばして走るのよねー。曲げて走ったらもっと早く走れるような気がすんだけど・・。
次男はこの青のサッカーソックスがお気に入り。色が合わないのだけどそんなのは気にしていないよう・・。しかもひざの上まで伸ばして履きたいらしい・・。
| Kids | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
読書の秋
今日は次男が読書にはまっていた。
先日学校を通して注文した本が今日届いたのと、今年中にクラス全員合わせて100冊の本を読むと言う取り組みを始めたからだ。
次男は本棚から気に入った本を両手に抱えて私のところに来て「本読みを手伝ってくれ」と来た。自分の能力を考えずに選んでいるので長い文章のもあり大変だったが、本人がやる気満々なので30分くらいかけて1冊の本読みを手伝った。次男も疲れたとみえて2冊目には行かなかった。

しかし夕食後、また本を読むと言い出した。どうやら次男は一人で100冊と思っているようで頑張っているようだ。しかたがないので簡単なのを選んで読書を手伝った。そしたら読めたのが嬉しくて次も次もとなり、結局3冊の読書を手伝った。


読書の手伝い、すごく疲れるんです。次男が読めない単語を私が読むのだけど、発音が違うらしく「この綴りからはその言葉にならない」と言って怒る・・例えば、LとRやBとV。それから「Mr.」を「ミスター」と教えたら「おかしい」と言ってお兄ちゃんを呼んで確認したりする。だから1つ1つの発音に気を使うのでとても疲れてしまう・・。
でも読書は学力の向上になるのでがんばってお付き合いします・・・。


げっ、今、次男が私の横で本を小脇に抱えて立っています・・・。(もう今日はおしまい・・・)


 


左 届いた本  右 読書中の次男





私がコンピューターを終わるのを待つ次男

| Kids | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
サッカーの初ゲーム
今日は子供達のサッカーの初ゲームだった。
長男のゲームが朝8時からだったので、私は7時に起きたが子供達はそれより早く起きて私が起きた時には支度を済ましていた。長男はよっぽど楽しみなのかサッカーパンツをはき、ソックスをはき、シンガード(すねあて)まで付けて準備満々だった。


私が「バナナは元気の素だから食べていきなさい」と言うと「そうなんだー。食べなくちゃー」と言ってむしゃむしゃ食べていた。


ゲーム場所に行くとユニフォームが配られ、長男のチームはオレンジだった。
ゲームが開始され、子供達がボールを追いかけて右へ左へとフィールドを走り回り、最初のうちは長男も先頭集団にいたけどだんだん遅れてきて、そのうち味方のゴールキーパの少し前に立ち第2のゴールキーパー役をするようになった。そのうちこぼれたボールが長男の前に転がってきて、長男がボールを蹴ると当たり所が良くて勢い良く転がり、反対の敵のゴール近くまで転がって行き、味方の子が上手く拾ってゴールを決めた。
長男の活躍はこれくらいだった。長男は決して先頭に立ってドリブルをしてシュートを決めるタイプではない。でもコーチがすごく良い人で、子供達をすごく褒めるのだ。長男にも「すごいぞー。ナイスキック!!」と身体全体で声を掛けていた。ゲームが終わり帰る時にも、また声を掛けてくれて今日のゲームのことを褒めてそして練習を頑張ろうな・・と繋げてくれる。なので長男はサッカーに対してやる気満々だ。


 


左・・コーチと子供達  右・・次男のゲームまでの空いた時間。チームメイトの女の子と何やら甘いムードでおしゃべりしてる長男


30分くらい間があいて次男のゲームが始まった。次男は黄色いユニフォームだった。
次男は長男と違い先頭に立ってシュートを決めるタイプ。このサッカープログラムはスコアにこだわらずサッカーを楽しむという趣旨だったのでスコアは付けていなかったけど、次男は3点決め、他にも外したが何回もシュートをしていた。
ゲーム後、次男は競争心が激しいので、しきりに勝ち負けを気にしてコーチにスコアを聞いていた。私にもスコアを聞いてきて自分が3点入れたことを知ると嬉しそうだった。


家に帰ってからも、二人とも次のゲームが楽しみなようで日程表を眺めて試合開始時間や対戦チームを確認していた。(次男はもちろん読めないので兄貴に読んでもらっていた悲しい
そして私の昼寝最中は二人で庭でサッカーの練習をしていたようだ。
そんな子供達を見ていると、子供達の楽しみを増やすことができて良かった思うし、これが彼らの夢中になれることのスタートになるのかなっと思うと5年後の彼らの姿を想像してワクワクしてしまった。


 

左・・ボールを追いかける次男  右・・ゲーム終了後。相手チームと握手
| Kids | 10:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
長男自慢 & 宿題
今日、長男が学校からおもちゃを持って帰ってきた。どうしたのか?と尋ねるとクラスで1番、州の名前が言えたので賞品としてもらえたらしい。


旦那は出張でいろいろな州に出かけるし、私のくだらないコレクションの中には行ったことのある州(ただ飛行機の乗換えだけでも・・)のマグカップとマグネットというのもあるので州の名前を家の中で見る機会が多いのもよく知っている原因かもしれない。


それにこの頃 ウェザーチャンネルを見ていることが多かったので、アメリカ中の天気を見ていたので覚えたのかもしれない。


夕食後、次男に「州の名前を言ってごらん」と言うと「オーランド!」と元気良く答えられズルッと来てしまった。


長男は現地校の勉強に関しては何も手助けが要らない。ただ、宿題をするのを忘れたり、持って行くのを忘れたりするのでそれを確認しなくてはいけないけど・・・。


次男は神経質なところがあって宿題は欠かさず自分からしているし、朝、出かける前に必ず持ち物のチェックをしている。しかし、宿題は付きっ切りで見ないとダメだ。問題文が読めないのだ・・・。私も旦那もこれにはちょっと危機感を持っていて毎日、本読みにつきあうようにしている。幸い次男は向学心はあるようで進んで本を持って来るんだけど、旦那の出張中はちょっと私の負担が大きい・・・。


長男は宿題の手助けが要らないと書いたけど、これは現地校だけで日本語補習校はそれこそ付きっ切りでやっている。長男は日本語習得に興味が無いようで(「鉄火巻き、わさび抜きで下さい」が日本語で言えればいいと思っているようだ)あまり身が入ってないので宿題を見ていると私がイライラさせられてヒステリックに怒ってしまうことが多くなった。


子供の宿題を見ることがこんなにも大変だとは思っていなかった。これから学年が上がっていく程、大変になるのかな・・・それとも子供任せになって楽になるんだろうか・・・心配。

| Kids | 09:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
サッカー
今日から子供達のサッカーのクラスが始まった。
ここに越してきた時からやらせたかったのだが、土曜日にゲームがあり、日本語補習校と重なる為始めるのをためらっていたが、この頃バイリンガル教育の難しさにあきらめモードになり、日本語中心ではなく他の習い事もやりながらできる範囲で日本語の勉強もするというスタンスを取ることにした。


近くの小学校のグランドというか芝生で練習が行われるんだけど、次男のクラスが始まる5時30分に行ってみると、年齢別に分かれて10チームくらいが広い芝生でそれぞれ集まっていて、所属のチームを探すのに一苦労だった。


次男はサッカーは初めてだったので、最初はみんなの後をついてってるだけだったが、15分もすれば慣れてきて、運動神経もよく負けん気が強いので先頭を走りドリブル、シュートをしたり、ディフェンスになればスライングしてボールを奪い取ったりしていた。


長男も初めてのようなものだったが、ルールや仕組みは理解しているようで、無理に先頭に立ってボールを追いかけるのではなく、少しはなれたところに位置して味方からボールを回してもらったり、相手がこぼしたボールを取ったりと頭脳プレーをしていた。


来週の土曜日からゲームが始まるようで長男はゴールキーパーをするようだ。チームの中では1番背が高いし、面積も広いのでゴールの占有率は大きいと思うが瞬発力は無いと思うんだけど・・・それにたくさん走って汗をかきダイエットして欲しかったんだけどね。


二人とも楽しかったようで来週の練習も待ちきれないようだ。すねをガードする物やパンツ、ソックスなども用意しなければいけないようなので、週末は買い物に行かなくてはいけない。
ゲームの日には親がゲーム地まで車を出し、交代でおやつや飲み物を用意したりしていわゆる「SOCCER MOM」と言うのを私もすることになる。なんかちょっと密かにうきうきしてる花


もうこの際、男の子の母親としての王道を歩むことに決めました!!拍手


  


左 次男・・ボールの側にいます   右 長男・・ボールから遅れてます
| Kids | 09:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
遅刻
ハリケーンフランシスの影響で学校は先々週(9/1)からずーーーと休みでやっと今日からまた授業が開始された。新学期が始まってすぐに休校だったので、子供も私もなかなか学校モードへの切り替えが上手くいかない。


私は朝が弱いので目覚まし時計は必須なんだけど、今日は目覚ましが補習校モードで6時45分の設定になっていて、8時に起きれば十分の普段の日には早すぎて、目覚ましが鳴ってもまだ時間があると寝てしまい、起きたらもう学校に送って行かなくてはいけない時間だった。
子供達は早くから起きていたようで、朝ごはんを食べてテレビをまったりとみていて、いつもなら私に教えてくれるのに学校のことはすっかり忘れているようだった。慌てて服を着替えさせ歯を磨かせて車に飛び乗り送っていったが、15分の遅刻だった。
遅刻だと学校のオフィスに寄らなくてはいけないので行くと、お仲間の姿が2,3組あった。


次男のカー君は車の中で「遅刻しちゃう、校長先生に怒られる」と大泣きで、長男が「落ち着け、落ち着け。そんなに大事な問題ではないよ」と親父のようにふんぞり返って弟を慰めていた。なんか、兄弟で性格が本当に違うな・・・とまたまた思った。


まっ、遅刻の問題は長男が言うように初回なのでそんなに大きな問題にはならずに、子供達は元気に学校から帰ってきたが、回数を重ねると親の責任が問われるそうだ。もう、こんなことは無いと思うけど、気をつけなくては・・・。


 


子供達もそろそろ使えるお手伝いができる年齢になってきて嬉しい・・・。
今日は、ヘビが出て以来あまり近寄りたくないガレージに、ゴミバケツを運んでもらった。
| Kids | 11:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>