CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
決定版 手作りパン
決定版 手作りパン (JUGEMレビュー »)
石沢 清美
手順が細かく丁寧に説明してあるので、パン教室に通わずにパン作りを始めた私には先生のような本です。レシピも豊富。
RECOMMEND
加藤千恵のお菓子教室―全レッスン・基礎編
加藤千恵のお菓子教室―全レッスン・基礎編 (JUGEMレビュー »)
加藤 千恵
写真をたくさん使って手順が説明してあるのでとても分かりやすいです。味もとてもGOOD!!です
MOBILE
qrcode
<< マスターベッドルーム 追加 | main | ハロウィーンのカップケーキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
初 カブスカウト
今日、サッカーの練習が終わった後、初めてのカブスカウトのミーティングに行ってきた。今日のはPack meetingとか言って団全体のミーティングだった。


今日は新しい子の入隊式みたいなのがあって、新しく入った親子は前に出て向かい合って並んで、親が子供に向かって「ちゃんとミーティングに連れて行き、あなたのスカウト活動の手助けをします」というようなことを誓った。
わたしは何か復唱するのが面倒だったし、なんか独特の世界がこっぱずかしくて照れてしまい、前に居た長男に「ママはよくわかんなくて約束できないからダディと誓ってね」と旦那に押し付け、ただ横で立ってただけだった。でも、写真をパシャ、パシャと取られて、他の親達はちゃんと誓いのポーズをしてるのに私だけぼーと立ってるのを写されたかと思うとなんかそっちのほうが恥ずかしいのかもしれない・・・。


途中でホットドッグとかの食事も出て、サッカーの練習で何も食べてなかった私達家族はすごい勢いで食べてしまった。バッフェ形式だったのだけど、妊婦でしかも「Eating for two(二人分食べています)」という妊婦Tシャツを着ているのをいいことに3回も並んでしまった。
 

途中で各隊の紹介があったんだけど、次男は食べながらも注意をしてて、自分の隊が呼ばれるとさっさと出て行ったが、長男は食べるのに夢中でこっちが教えてあげなくては行けなかった。


次男のタイガー隊はスタートの学年でもあるので新しい子ばかりで20人もいて、同じ学校の子が多くあちこちで次男の名前を呼ぶ声が聞こえた。長男のウルフ隊は7人で同じ学校の子はいないみたいだったが、サッカーのチームメイトがいた。


はー、でもなんか大変そうだ・・・ただ送り迎えするだけでいいかなーと思っていたけど、皆さん親子で参加してた。来月には2泊3日のキャンプがあって親子で参加するみたい・・・。サッカーのゲームがあるけど近くの公園でのキャンプなので土曜日の午前中だけ抜けてサッカーに行き参加することにした。旦那に「君も参加する?」と聞かれたけどもちろん断りました。でもその週末、旦那も子供もいなくて私ひとりになっちゃうんだけど・・・。なんか嬉しいような、寂しいような・・・。


子供達はこれから始まる新しいことに目を輝かせていた。子供達のいろんな興味や挑戦に付き合ってあげれるように私も頑張らなくてはっと思った。


でも日本語学校への復帰はどんどん薄くなりそうだ・・・。





こんな記念写真コーナーがありました。長男です。
次男の時は、私が食べるのに夢中で撮り損ねました。
| Kids | 12:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:55 | - | - |
コメント
Splendidさんもガールスカウトをやっていたんですね!っていうことは年齢も同じくらいなのかしら??私がやっていた頃は街中でガールスカウトの人たちよく見かけましたよね。今はあまり見かけません。母に聞くとあの頃は子供にガールスカウトをやらせるのが一種のステータスだったと言ってました。
富士山の近くでの全国キャンプとか行きました?行ってたら、どっかですれ違ってたかも??
| Tiki管理人 | 2004/11/10 12:12 PM |
兄弟でカブスカウトに入ったのですね。
私も、Tikiさんと同じく子供の頃はガールスカウトに入っていたので、何だかとっても懐かしいです。 カブスカウトに入ると、これから益々忙しくなるでしょうから大変だとは思いますが、頑張ってください。
| splendid | 2004/11/06 4:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tiki.jugem.cc/trackback/138
トラックバック